ESS-ONEファームウェアアップデート方法

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-1
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-1

    ファームウェアアップデートにはインターネットに
    接続されているパソコン、接続可能なUSBスロット1個、RCPlusソフトウェアが必要です。
    ESS-ONEにS-Linkを接続してください。
    S-Link本体に「S」「+」「-」の刻印がありますので、
    「S」に白いケーブル
    「+」に赤いケーブル
    「-」に黒いケーブル
    が刺さるよう接続してください。
    誤って接続すると故障の原因になりますのでご注意ください

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-2
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-2

    ESS-ONEを接続したS-LinkをパソコンのUSBポートに接続して、
    RCPlusを起動してください。
    起動後、赤い丸の部分をクリックすると
    接続してあるESS-ONEの本体情報画面が開きます。
    赤い丸部分に「no device」と表示されている場合、
    ESS-ONEが接続されていない状態です。
    ケーブルの向きなどをもう一度確認する
    一旦RCPlusを終了させ、再度ソフトを起動する
    などをお試しください

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-3
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法1-3

    赤い丸部分に「Firmware Version v2.0.0」
    となっています。
    このバージョンがESS-ONE本体のバージョンになります。

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-2
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-2

    ESS-ONEに新しいファームウェアがある場合、
    画像のように新しいファームウェアのお知らせ画面が出てきます。
    「Version:2.0.1.0」
    「ESS-ONEのキャリブレーションモードの際に
    エンジン停止の時にビープ音が出ない問題を修正しました」
    と英語で修正箇所などが出てきます。
    ※2014年12月現在は英語版、中国語版になります。
    RCPlus日本語版のリリースをお待ちください。

    「Fixed」をクリックするとファームウェアの
    バージョンアップが始ります。

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-3
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-3

    ファームウェアのダウンロードとインストールが始ります。
    この時、ケーブルを抜くなどの行為は絶対にやめてください。
    ESS-ONEの故障の原因になります。
    ファームウェアのインストールは自動で行いますので
    完了までお待ちください。

  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-4
  • ESS-ONEファームウェアアップデート方法-4

    ファームウェアのバージョンアップが完了すると、
    ESS-ONE本体情報の画面の赤い丸の部分が
    「Firmware Version v2.0.1」
    に変わっていれば正常にアップデートが完了しています。
    「過去のファームウェアに変更」
    「初期化」
    などの変更も可能です。


    ESS-ONEのファームウェアのバージョンアップ方法は以上です